2013年05月07日

* 左邦夫氏(小出邦夫氏)を惜しむ

なんというショックだろう。
今日左氏のところに行く約束をしていたのだが、
昨日不調で病院へ行くからキャンセルとの連絡を受け心配していたところだった。
以前から癌で治療を受けていたのは知っていたが、
まさか今日いきなり訃報を受け取ろうとは・・・。

本当に素晴らしいチェロを作り、
また更にそれが良くなってきていて
本当に期待していた。
一番最近のゴフリラモデルのチェロは本当に素晴らしかった。
これが最後の作品になってしまったのだ。
次の楽器を待っている人もいた。
そして私のアイディアを次々に形にしてくれていた人だった。
私のアイディアの弓も素晴らしく作り上げてくれ。
評判になっていたのに。

心から感謝を送りたい。
あなたのチェロを私は弾き続けるだろう。
本当にありがとうございました。
ご冥福をお祈り致します。




posted by silver at 23:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

*キリスト者共同体でチェロを弾く

チェロのソロの演奏を頼まれた。

キリスト者共同体というところだ。
教会なのだが、ルドルフ・シュタイナーの教会だ。

その教会は信仰「信じる」ではなく知ればよいというところらしい。
まあ,認知主義ということだ。

わたしはキリストとは縁がないのだが、妻がシュタイナーに傾倒しており、
息子が今度そちらで堅生式という大人になる儀式に出るということで
関わりを持つに至った。
そういった縁で教会で演奏をすることになったのである

演奏はとても喜ばれた。
そして私が感じたことは、
ここの人達(シュタイナー関係の)は感じることをとても大切にしているので
ものすごく良く感じて聴いてくれたということだ。
聴き応えがある、という言い方があるが,聴かれ応えがあったという感じだった。

また演奏の機会を持てそうだ。




posted by silver at 20:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

低音弦の未知の暗闇

昨日来た生徒のことである。
その生徒は2週間の間(前のレッスンから次のレッスンまでの)
自分が疑問に思ったことをメモして、レッスンの時に聞いてくる。
とても熱心な生徒だ。
一つの質問は音階を滑らかに弾く方法、もう一つは弓を飛ばしてスタッカートを弾く方法。
昨日のレッスンはほとんどその質問のことで終わってしまった。
でも本当に知りたいことを教えられるということはものすごく有意義だ。

さてその質問のひとつ、滑らかに音階を弾く方法だが、わたしは低音弦一本で高音までそのまま弾いて行く練習方法を勧めている。
普通、低音弦の高音部分は使わない。
実は多くの人にとって、そこは未知の暗闇であり、普段は見たくないと思うほどの領域になっているのである。
そこを練習することによって光で明るく照らすことができるようになる。
未知が未知でなくなる。
知るということは自由になるということだ。
ということで一本の弦で滑らかに音階を弾くことを提唱しているわけだ。

ラベル: チェロ
posted by silver at 09:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。