2013年04月11日

* その2フランコベルギー派の秘密

前回のフランコベルギー派の秘密の続きを書いてみよう。

弓を親指と中指で支えるやり方だ。
音楽に緊張感を持たせたい時は指を閉めてしっかりさせる。
逆に音楽に開放感を持たせたい時は指をゆるめる。

これだけのことなのだが、意外とその関連性が意識化されていないようだ。

これをすることで曲の緊張感と筋肉の緊張感、
または曲の開放感と筋肉の開放感が一致することになり、
至って自然な表現が生まれるのである。
【関連する記事】
posted by silver at 15:40| Comment(0) | 弓の持ち方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。